塗装工事補助金の全て!種類や申請方法を解説します!

2023/12/04

塗装工事は、美観を保つだけでなく、建物の耐久性を高める重要な作業です。
しかし、その費用は決して安くありません。
そこで、この記事では補助金を活用して、効率よく塗装工事を行う方法を解説します。
補助金を使って賢く塗装工事を行いたい方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

◻︎塗装工事補助金の種類とその条件

外壁塗装の工事をした際の補助金には3つの種類があり、それぞれに条件があります。

*ヒートアイランド対策

特に都市部では、ヒートアイランド現象を抑制するための塗装工事は重要です。
遮熱塗料を用いることで、太陽光を反射し、室内温度を下げる効果があります。
この遮熱塗料は、一般的な塗料よりも約20パーセントと高価ですが、長期的に見ればエネルギー費の削減につながります。

*エコリフォーム

エコリフォームは、エコ基準に適合した資材を用いて、断熱改修を行うリフォームです。
この種類の補助金は、高効率な給湯器の設置も含まれる場合があります。

*一般リフォーム

一般リフォームの補助金は、地域振興や定住促進を目的としています。
この場合、補助金の条件は比較的緩やかで、多くの種類の工事が対象となります。

◻︎塗装工事補助金申請の注意点と手順

補助金を受けられる条件を満たしているならば、誰もが補助金を受けたいものです。
しかし、塗装工事の補助金を申請する際に注意すべき点と手順があります。
以下の補助金を申請する場合の注意点と手順を参考に、補助金申請が失敗しないようにしましょう。


1.受付期間と予算
補助金の申請には、受付期間が設定されています。
また、予算が達成された場合、受付が早期に終了する可能性があります。


2.申請手順
申請は、自治体が定めた手順に従って行う必要があります。
一般的には申請書の入手から必要書類の提出や審査、そして補助金の支給までが一連の流れです。


3.必要な書類
補助金申請には、本人確認書類や市税納税証明書、外壁塗装の見積もり書などが必要です。
これらの書類は、事前にしっかりと準備しておく必要があります。


4.指定された業者での工事
補助金の支給条件として、指定された業者で工事を行う場合があります。
このような場合は、事前に確認が必要です。


5.居住地と税金
補助金を受け取るための基本的な条件としては申請地域に居住していること、リフォームする住宅の所有者または居住者であること、税金の滞納がないことなどがあります。

◻︎まとめ

賢く塗装工事を行うための、補助金の種類や申請方法とその注意点をご紹介しました。
エコリフォームといった塗装工事を行うことで、補助金を受けられる可能性があります。
対象となる補助金があれば、受付期間や方法、条件を満たしているかしっかりと確認した上で申請するようにしましょう。

お問い合わせ

お家の事で、わからないことは
お気軽にお問い合わせください!

お気軽にお問い合わせください

087-802-1784

受付時間 火~日曜(10:00~18:00)